カラーエネルギーとチャクラ・音の関係

カラーエネルギーとチャクラ・音は固有のバイブレーションの相関関係にあります。可視観光線の周波数は400?800×1012Hz(テラヘルツ)という高い周波数帯域にありますが、それを40オクターブ周波数を下げると可聴音域の周波数に対応してきます。その相関を表したのが下記表です。

カラー 振動 波としてのイメージ チャクラ 音としての
バイブレーション
音階/周波数
紫?紫外(白) 波長:小=周波数:高 7 F#/739.9Hz
藍?紫   6 E/659.2Hz
青?藍   5 D/587.3Hz
  4 C/523.2Hz
  3 B/493.8Hz
  2 A/440.0Hz
波長:長=周波数:低 1 G/392.0Hz